トライアンフ 東京 ベイ。 東京・江戸川区に「トライアンフ東京ベイ」がオープン トライアンフの新たな大型販売拠点 【ニュース】

ガレージ風の遊び心を│国内最大規模「トライアンフ東京ベイ」グランドオープン

トライアンフ 東京 ベイ

ウインカーはテールライトと一体式のLEDタイプに交換されている。 トライアンフ・オーナー、ファンの皆様には新しく開設される「トライアンフ東京ベイ」をご愛顧頂けます様お願いいたします。 トライアンフの最新CI(コーポレート・アイデンティティー)を採用する店舗としては国内17店目、SONIC MOTORSの運営する店舗としては、2017年にオープンしたトライアンフの国内旗艦店に次ぐ2店目の販売拠点となる。 尚、店舗はトライアンフの最新CI(コーポレイトアイデンティティ・デザイン)、店舗スタンダードに準拠したもので、トライアンフ・ブランドのCIカラーでもあるブラックで統一した外観デザインに加え、トライアンフの母国である英国の国旗「ユニオン・フラッグ」をあしらった外観が目を引きます。 また、店舗内部も最新の店舗スタンダードに準拠しており、ショールーム・スペースとしての車両展示エリア、及び木目の温かみを感じられるラウンジエリアはゆとりある明るく開放的な空間で、オートバイの展示・販売のみならずアフターサービスの合間にラウンジエリアにてゆっくりとウエアやアクセサリー等を楽しめる店舗となっています。 1」 トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン(以下、トライアンフ・ジャパン)は、トライアンフ東京がオープンした2017年を契機に東京エリアで販売を伸ばしており、昨2019年には、2016年の実績の2倍を超える414台の車両を販売。

次の

ガレージ風の遊び心を│国内最大規模「トライアンフ東京ベイ」グランドオープン

トライアンフ 東京 ベイ

All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. 車両展示スペースやワークショップも非常にゆったりとしていて快適に過ごすことができるだろう。 トライアンフの最新CI(コーポレート・アイデンティティー)を採用する店舗としては国内17店目、SONIC MOTORSの運営する店舗としては、2017年にオープンしたトライアンフの国内旗艦店「トライアンフ東京」に次ぐ2店目の販売拠点となる。 ちょっとしたガレージ風の遊び心が随所に施されていた。 。 采女 華さんプロデュースの特別仕様車も登場! また、このオープンに合わせて、トライアンフ・スピードツインをベースにした特別仕様車、の発売も決定。 1」を目標に掲げ、その達成を担う戦略拠点としてトライアンフ東京ベイに大きな期待が寄せられている。 そしてこちらがトライアンフ東京ベイのオープンを記念した限定車「SPEED TWIN LIGHTNING EDITION」。

次の

5月12日にグランドオープンを果たすトライアンフ正規販売店の大型店「トライアンフ東京ベイ」 トピックス

トライアンフ 東京 ベイ

オープン後には、こちらにもバイクが展示される。 タンクサイドに描かれたロゴは1915年のオリジナルロゴを忠実に再現。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 新しくオープンしたトライアンフ東京ベイは駐車スペース、店舗内スペースともに余裕を持った作りで、バイクを販売するだけに留まらず、ライダーが集い、トライアンフの新しい情報を発信する拠点としての役割が期待される。 トライアンフは ブランド・ポジショニングを「プレミアム・ライフスタイル・モーターサイクルブランド」と再定義し、その地位を確固たるものとするべく新CI店舗のオープンを含むブランド力の強化を積極的に進めておりますが、「トライアンフ東京ベイ」の運営会社である株式会社 SONIC MOTORSは、既にトライアンフの旗艦店である「トライアンフ東京」を運営しており、トライアンフ・ブランドに精通しておりますので、豊富な経験に加えリーダーシップある代表者と、トライアンフを熟知したスタッフによる活気溢れる2店舗目のオープンにより、日本に於けるトライアンフ・ブランドを更に牽引していただけると期待しております。 オートバイライフをより愉しむために、総合的にバックアップする新スポットが誕生した。

次の

トライアンフ最新CI店舗「トライアンフ東京ベイ」グランド・オープンのお知らせ(トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社 プレスリリース)

トライアンフ 東京 ベイ

クラシカルなブルーを採用し、タンクにはソニックモータースのロゴをイメージしたピンストライプが施される。 ショールームについてはデザインにも工夫が凝らされており、2階の窓べりには「これが世界初採用」(大久保貴明ストアマネージャー)という、巨大なトライアンフのLED照明看板を設置。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の商標です。 こちらもゆったりと展示されているので、じっくりとアイテムを吟味できるだろう。 それから3年が経ち、トライアンフはこのトライアンフ東京の出店により、ブランドとして花開き、大きく飛躍したといえよう。 トライアンフは ブランド・ポジショニングを「プレミアム・ライフスタイル・モーターサイクルブランド」と再定義し、その地位を確固たるものとするべく新CI店舗のオープンを含むブランド力の強化を積極的に進めておりますが、「トライアンフ東京ベイ」の運営会社である株式会社 SONIC MOTORSは、既にトライアンフの旗艦店である「トライアンフ東京」を運営しており、トライアンフ・ブランドに精通しておりますので、豊富な経験に加えリーダーシップある代表者と、トライアンフを熟知したスタッフによる活気溢れる2店舗目のオープンにより、日本に於けるトライアンフ・ブランドを更に牽引していただけると期待しております。 また、店舗内部も最新の店舗スタンダードに準拠しており、ショールーム・スペースとしての車両展示エリア、及び木目の温かみを感じられるラウンジエリアはゆとりある明るく開放的な空間で、オートバイの展示・販売のみならずアフターサービスの合間にラウンジエリアにてゆっくりとウエアやアクセサリー等を御覧頂ける店舗となりました。

次の

トライアンフ最新CI店舗「トライアンフ東京ベイ」グランド・オープンのお知らせ(トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社 プレスリリース)

トライアンフ 東京 ベイ

予めご了承ください。 新店舗のトライアンフ東京ベイは、東京・吉祥寺に位置するトライアンフ東京が都内の西エリアを担っているのに対し、「東京の東側にもこうした施設が欲しい」という要望に応えて開設されたものである。 サスペンションはNITRON製を装着し、走りを引き締めた。 設備はもちろんデザインにもこだわった新店舗 トライアンフ東京ベイは、都内東部を中心としたベイエリアを担う大規模正規販売店として、東京都江戸川区にオープンする。 大切なオートバイを預けるワークショップも入口が大きく、明るくクリーンで、ゆとりある開放的なスペース。

次の

東京・江戸川区に「トライアンフ東京ベイ」がオープン トライアンフの新たな大型販売拠点

トライアンフ 東京 ベイ

施設の規模は1階ショールームが226平方メートル、2階カスタマーラウンジが86平方メートルというもので、黒を基調としたガラス張りの建屋内だけでも、およそ20台の最新モデルの展示が可能。 またトライアンフ東京ベイのオープンを記念した限定車「SPEED TWIN LIGHTNING EDITION」の発売も予定されている。 定休日:月曜日 第1火曜日 目指すは「東京における輸入車No. 車両はトライアンフ東京ベイに展示されており、同店およびトライアンフ東京で注文を受け付けている。 店内はガラス面が大きく取られていてとても開放的。 またこのビキニカウルはオプション設定となっている。 ワンオフ製作されたビキニカウルも大きなポイントとなっている。

次の

トライアンフ最新CI店舗「トライアンフ東京ベイ」グランド・オープンのお知らせ(トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社 プレスリリース)

トライアンフ 東京 ベイ

そして、同店のオープンと、2020年5月1日に迎えた「トライアンフ東京」のオープン3周年を記念して限定車が発表された。 トライアンフ・オーナー、ファンの皆様には新しく開設される「トライアンフ東京ベイ」をご愛顧頂けます様お願い致します。 また、店舗内部も最新の店舗スタンダードに準拠しており、ショールーム・スペースとしての車両展示エリア、及び木目の温かみを感じられるラウンジエリアはゆとりある明るく開放的な空間で、オートバイの展示・販売のみならずアフターサービスの合間にラウンジエリアにてゆっくりとウエアやアクセサリー等を御覧頂ける店舗となりました。 トライアンフは ブランド・ポジショニングを「プレミアム・ライフスタイル・モーターサイクルブランド」と再定義し、その地位を確固たるものとするべく新CI店舗のオープンを含むブランド力の強化を積極的に進めておりますが、「トライアンフ東京ベイ」の運営会社である株式会社 SONIC MOTORSは、既にトライアンフの旗艦店である「トライアンフ東京」を運営しており、トライアンフ・ブランドに精通しておりますので、豊富な経験に加えリーダーシップある代表者と、トライアンフを熟知したスタッフによる活気溢れる2店舗目のオープンにより、日本に於けるトライアンフ・ブランドを更に牽引していただけると期待しております。 トライアンフ正規販売店として国内最大規模を誇る「トライアンフ東京ベイ」は、最新CI(コーポレート・アイデンティティ)を採用した店舗として国内17店舗目となり、株式会社 SONIC MOTORS運営店舗としてはトライアンフ東京(東京都武蔵野市)に次ぐ、2店舗目のトライアンフ正規販売店となります。 2Fのショールームはご覧のように広々としたスペースとなっており、各シリーズごとにトライアンフの最新モデルがゆったりと展示されている。 尚、店舗はトライアンフの最新CI(コーポレイトアイデンティティ・デザイン)、店舗スタンダードに準拠したもので、トライアンフ・ブランドのCIカラーでもあるブラックで統一した外観デザインに加え、トライアンフの母国である英国の国旗「ユニオン・フラッグ」をあしらった外観が目を引きます。

次の