阪急 神戸 線 事故。 阪急神戸線 塚口駅で人身事故発生!現場の状況や画像など

阪急神戸線

阪急 神戸 線 事故

原因は運転士の確認不足と事後対応のミスによるものである。 残る2両はとなっていたが、1992年に団体用車両「Kenji」へ再改造された。 の消防車8台が現場に駆けつけ消火活動にあたるとともに救急車4台が駆けつけて怪我人を近隣の病院(浜田病院26名、富田病院23名、済生会病院10名、等)へピストン輸送した。 229、、1969年10月、 89頁。 人的被害は機関士が軽傷を負った程度であったが、現場復旧作業が優先され破損した車両は2か月以上事故現場に放置。

次の

阪急電鉄|運行情報|神戸線 宝塚線 京都線

阪急 神戸 線 事故

なお、信楽線にはが設置されていた。 クルマなどの一般交通と電車が衝突する可能性も高い。 そこへ、上野行きの急行「まつしま5号」「ばんだい4号」(電車13両編成)が突入。 阪神の駅に比べて小規模である。 駅間距離が長いため、高速走行が可能。 最初から輸送量も少ないと見積もられており、単行運転の時代が長かった。

次の

「阪急神戸本線」の記事一覧

阪急 神戸 線 事故

甲東園駅から西宮北口駅までは、カーブがない線形となっている。 茨木市・淡路駅・十三駅で停車時間の超過が多発 >> 阪急京都線の朝ラッシュは関西圏では比較的上位。 事故がおきたのは、午前6時16分ごろ。 内の駅は、飛ばします! 塚口の人は困るのにな。 脱線した車両のうち特に損傷の激しかった「みどり」編成後部に組成されていたモハ485-117・モハ484-221・クロ481-53の3両が廃車となった。 阪急神戸本線 塚口駅で人身事故 20時10分頃に塚口駅で発生した人身事故により、神戸本線・今津線で運転を見合わせています。 (平成25年):全駅に導入。

次の

阪急神戸線

阪急 神戸 線 事故

山陽本線「さくら」・「あきよし」衝突事故 [ ] 1961年(昭和36年) 山陽本線西宇部(現在の宇部) - 小野田間でによる東京発長崎行き下り寝台特急「」に、2時間57分遅れで運転されていた山口発博多行き準急「」()が追突した。 死者7人、負傷者101人を出す大惨事となった。 事故原因はトレーラーの運転手の警報無視による。 脱線して下り線を支障した上り列車に下り普通列車(気動車1両)が衝突し、8名が死亡した。 このため今でも山陽車両は阪急の線路上に乗り入れている。 急行「おき」機関車脱線転覆事故 [ ] 1968年(昭和43年)6月28日3時40分ごろ 構内で大阪発大社行き下り急行701列車「」を牽引中だったディーゼル機関車が、場内信号機あたりを通過中に異常音に気付きブレーキをかけたが、推進軸()が破損し、垂れ下がった推進軸が線路に突き刺さり機関車は脱線転覆、続く客車6両が脱線する、いわゆる「棒高跳び事故」を起こした。 脱線した車両は修理して運用に復帰している。

次の

阪急神戸線

阪急 神戸 線 事故

罹災したキハ130-5は車体の損傷状況などから修理不能と判断され、同年の2月に廃車となり、翌年にキハ160形気動車が代替製造された。 現在の)は営団での実車燃焼実験などを含む抜本的検討を行い、翌(昭和44年)5月に従来の通達に代わる「電車の火災事故対策について」を通達することによって新たな耐火基準(いわゆるA-A基準)を定め、火災事故対策を強化した。 事故後、乗務員と警官の活躍が『』や『』などのテレビ番組で紹介された。 現在はこうした慢性的な遅延の原因となっている平面交差を解消させるために淡路駅の高架化・立体化が進められている。 は宝塚駅からの距離の表示となっているが、下り線の進行方向左側に設置されている。

次の

阪急神戸線、上下線で一時運転見合わせ 人身事故の影響:朝日新聞デジタル

阪急 神戸 線 事故

事故当時、台風15号が接近中だった。 相模鉄道相模大塚駅脱線事故 [ ] 1998年(平成10年) (車両脱線) の引き込み線で回送列車(・乗客なし)がポイントを3箇所破壊する脱線事故が発生した。 詳細は「」を参照 1998年 [ ] 土佐くろしお鉄道中村線列車衝突事故 [ ] (平成10年) () 9時15分ごろ、 - 間において発行普通列車(1両編成・乗客約40人)が、エンジン故障で立ち往生した。 人身事故の発生件数が減る対策がなにかあればいいのですが…。 戦前は・・などとスピード争いをしていた。 大阪陸運局(現在の)が特別保安監査を行ったところ、当時山陽電鉄では、定時よりも最大で数分早く駅を出発する行為が横行していたことが発覚。

次の

阪急神戸線、上下線で一時運転見合わせ 人身事故の影響:朝日新聞デジタル

阪急 神戸 線 事故

分岐器通過速度を超過し、機関車と客車2両が脱線転覆、他の客車も脱線。 この事故が契機となって ATS やの設置を推進することになった。 3kmとなり宝塚本線より1. 乗客4人が軽傷を負った。 あくまで目安としてご覧ください。 (平成5年)• 仮に伊丹経由だったら、梅田~三宮間の距離はさらに長くなっていた。 衝突時点で運転士は生存していたが、当時の運転室は狭く、大きく潰れ変形した運転室からの救出は困難を極め、結果的に運転士は搬送途中で死亡した。

次の

阪急神戸線

阪急 神戸 線 事故

この事故で先頭に組成されていたクロ151-7がとなったが、これは国鉄の廃車第1号でもある。 :全線複線化完成。 豊橋鉄道老津駅構内列車衝突事故 [ ] 1968年(昭和43年)8月26日19時30分 構内で発行きの2両編成の下り電車が、貨物引き込み線に突入し貨物列車(10両編成)に追突。 また、今津駅では1928年から阪神本線とホームが隣り合うようになっていたが、軍の要請でにおける線(現在の)との接続と同様、貨物輸送を考えて阪神本線との間で線路が一時的に接続されたことがあった。 今はもうない。 『新修亀岡市史 資料編 第3巻附録 「グラフかめおか20世紀」』亀岡市史編さん委員会、亀岡市、2000年、92頁。 沿線は大学が多いため、時間帯を問わず学生が多い。

次の