花 で 帰省 しよう。 新型コロナによるフラワーロスを新発想で、 “帰省難民” への提案に。GW・長期休暇は、#花で帰省しよう:イザ!

帰省のかわりに花を贈ろう 花業界の「フラワーロス」を救う取り組み(Forbes JAPAN)

花 で 帰省 しよう

花で笑顔!花で帰省! FlowerComm 『ハナナ』 今回世の中がこのような状況になり、会いたくても会えないご家族に自分が元気だということとお部屋の中にいても明るい気持ちになれるお花を贈るお手伝いができればと賛同いたしました! ・・・and more!! プロデュース 高木 新平 NEWPEACE Inc. これだけ多くの人が「帰省できない」状況のなか、帰省の代わりに手軽かつ確実に想いを届けられないかと「with Flowers Project」は全国の花屋ネットワークを活かし、「花で帰省する」という提案を帰省できないすべての人に発信する。 この活動は新型コロナウィルスによるフラワーロス問題を解決、ならびに花とともに暮らす生活の提案を目指す。 花を育てる者として、そのような場面に花を添えられるのはとても嬉しいです。 花は気持ちを乗せるツールです。 花で笑顔!花で帰省! FlowerComm 『ハナナ』 今回世の中がこのような状況になり、会いたくても会えないご家族に自分が元気だということとお部屋の中にいても明るい気持ちになれるお花を贈るお手伝いができればと賛同いたしました! ・・・and more!! 大切なお母さん、家族、そして大事な人へ、いつもの感謝を今年は、花とともに贈りましょう。 そして、同時に花とともに暮らす生活を提案すること。 たとえば、花があれば思いを馳せることができます。

次の

新型コロナによるフラワーロスを新発想で、 “帰省難民” への提案に。GW・長期休暇は、#花で帰省しよう

花 で 帰省 しよう

施策の骨子 4人に1人が帰省する日本に必要な提案に。 いつもありがとうの気持ちとともに!花は、音楽、アート、文学と同じように生活に欠かせないもの。 本プロジェクトは「外出規制」による社会全体に蔓延する自粛ムードを、花のチカラで和らげないかと考え、新型コロナウイルス感染症対策として政府より発案された 大型連休中の「オンライン帰省」に着目しました。 出典:日本農業新聞 こうした苦しい状況下にある花業界を守り、コロナ収束後も健全なマーケット成長を目指すべく、同じ想いを持ったクリエイターが集い、「with Flowers Project 」が発足した。 離れて暮らす家族に、花を贈ってみる。 何とかひとつ残らずその花たちの行き先が決まるようこのキャンペーンに賛同いたします。

次の

帰省のかわりに花を贈ろう 花業界の「フラワーロス」を救う取り組み

花 で 帰省 しよう

特に新型コロナウイルス流行が顕著な東京都が最も帰省人口が多く、25歳以上人口の34. 本プロジェクトでは、特設サイト( )にて、オンライン完結で花を注文・郵送できる花屋リストを公開。 おかえりを、花で。 プロジェクト背景 新型コロナによって生まれた問題「フラワーロス」を救う。 今後様々なアクションを通じて、花の問題解決と暮らしの提案を行なっていきます。 2000万人以上の帰省が制限される今、破棄予定の花が家族の絆をつなぐ。

次の

帰省のかわりに花を贈ろう 花業界の「フラワーロス」を救う取り組み

花 で 帰省 しよう

花の価格破綻によって、売れ残った花が 日々大量に廃棄されている。 施策の骨子 4人に1人が帰省する日本に必要な提案に。 花業界は今、新型コロナウィルス COVID-19 による花の需要減に伴う大量廃棄が問題になっています。 86%が帰省していることが明らかになっています。 また、世界最大の花き卸売市場ロイヤルフローラホーランドでは、オランダの花の年間総生産量の70~80%が廃棄されているほど、フラワーロスは、日本だけでなく、世界的なソーシャルイシューとなっています。 86%が帰省していることが明らかになっています。

次の

新型コロナによるフラワーロスを新発想で、 “帰省難民” への提案に。GW・長期休暇は、#花で帰省しよう:時事ドットコム

花 で 帰省 しよう

86%が帰省していることが明らかになっています。 帰省できない長期休暇も、 花で帰省しよう. 総務省「社会生活基本調査」によると、全国25歳以上の年間帰省人口は2414万9000人にも及び、25歳以上人口の約4人に1人が帰省をしていることになります。 花はきっと、笑顔を届けてくれる。 施策概要 あなたにかわって、花が帰省。 今後も「花が必要とされる生活者のニーズ」と「大量廃棄に悩む花業界」をつなげるべく、賛同いただける花屋や花農家、パートナー企業を随時募集しながら、フラワーロス問題の解決に向けて花のある暮らしの提案を続けてまいります。

次の

ただいまを、花で。おかえりを、花で。帰省できない長期休暇も#花で帰省しよう。(2020年5月2日)|BIGLOBEニュース

花 で 帰省 しよう

そんな花を少しでも減らし多くの皆さんに花を飾る楽しさを知って頂きたく今回この企画に賛同させて頂きました。 そういった事態をどうにかできないかということで、 花で帰省しよう というプロジェクトが始まり、ライフデコも参画しました。 まずは 母の日用のフラワーギフトとして、 下記の種類のアレンジ・花鉢で対応しております。 この活動が目指すのは、新型コロナウィルスによるフラワーロス問題を解決すること。 今後も「花が必要とされる生活者のニーズ」と「大量廃棄に悩む花業界」をつなげるべく、賛同いただける花屋や花農家、パートナー企業を随時募集しながら、フラワーロス問題の解決に向けて花のある暮らしの提案を続けてまいります。

次の

with Flowers Project #花で帰省しよう — STARMINE PLANNING

花 で 帰省 しよう

そしてその状況はまだ続く事が予想されます。 花の価格破綻によって、売れ残った花が日々大量に廃棄されている。 フラワーロスの解決、花のある暮らしの提案に向けて こうした苦しい状況下にある花業界を守り、コロナ収束後も健全なマーケット成長を目指すべく、同じ想いを持ったクリエイターが集い、「with Flowers Project 」が発足いたしました。 その際はお届け日の変更をお願いすることがございます。 特設サイトにて全国の花屋の参加を募りながら、外出帰省のなか花を贈る習慣を浸透させてまいります。 誰もが不安やストレスを抱えている今だからこそ、この植物の力を借りてみんなが元気になって欲しいと願っています。 そんな花を少しでも減らし多くの皆さんに花を飾る楽しさを知って頂きたく今回この企画に賛同させて頂きました。

次の