キヤノン プロダクション プリンティング システムズ。 新たな価値創造、社会課題の解決

新たな価値創造、社会課題の解決

キヤノン プロダクション プリンティング システムズ

(全事業製品(一部製品を除く))• また、数多くのやでも使用されており、過去には「」を始め(現在は平成角ゴシック体を使用)、特に2000年代のアニメでは使用例が多く見られた。 近年ではディスプレイ事業への進出を目指し、や、薄型の開発も行っている。 (全事業製品(一部製品を除く)) ・アジア• (平成22年)- APS-Hサイズで世界最高の約1億2,000万画素CMOSセンサーの開発に成功•。 EOS 5D Mark III• 『国産カメラ開発物語』p. (昭和45年)- 国産初の普通紙複写機「NP-1100」発売• キヤノン公式ページ 09-10-17閲覧• - に で開催される第9回大会のオフィシャルスポンサーを担当する。 カメラ業界では世界的に有名な企業となっている。 おすすめコンテンツ• 製品の量産化は2015年以降になる。 (全事業製品(一部製品を除く))• (一時期の提供)• (平成17年)- 下丸子本社に先端技術研究棟を開設• Canon Photo Weekend 田中美保のLove Camera(系・一社提供)パーソナリティ:• (未CD化)。

次の

デジタルプロダクションプリンティングシステムの搭載技術

キヤノン プロダクション プリンティング システムズ

業務用DTP専用機 EZPS• (全事業製品)• 基盤技術 -(クラウドサービスへの対応と短期間でのサービス構築するための技術• マテリアリティ• (キヤノワード)• EOS 60D• の構成銘柄の一つでもある。 吉田五郎の退職と前後し内田三郎は山口一太郎の指導を受け、手作りによる試行錯誤の手法から脱し設計図に従って試作し改良する手法へと転換した。 FPD露光装置• (全事業製品)• なお、カメラの心臓部とも言える連動式焦点調節機構やヘリコイドの設計・制作は日本光学工業で民需品の設計を担当していた山中栄一の手によるものである。 (遺伝子検査機器・試薬カートリッジの研究開発)• (事務機、デジタルカメラ、インクジェットプリンター)• 0倍)。 および日曜エンタ・(テレビ朝日) 系• 業績データ• (昭和31年)- キヤノン電子(当時、秩父英工舎)が関係会社となる• (第1シリーズ)• グループ会社情報• (平成12年)- ニューヨーク証券取引所に上場• PIXEL• 共通基盤技術 [ ]• 17年12月期第3四半期累計(17年1~9月)の連結業績(米会計基準)は、売上高2兆9,597億円(前年同期比21. 初代機種を見学したはこれを絶賛し、着想を得て後のiPhone、iPadにつながっていった。 (平成25年)- 業務用30型4Kディスプレイ「DP-V3010」を発売し、4K映像制作ディスプレイ市場に参入• IXY DV• 経営状況 [ ] 連結業績のセグメント別売上高構成比は、オフィス53. 「共生」を企業理念とするキヤノンは、お客さま、ビジネスパートナー、地域社会、地球環境とよい関係をつくりながら、高度な技術力を基盤にした多様な製品・サービスにより、新たな価値創造をめざしています。 EOS 5D Mark II• 歴史 [ ] 沿革 [ ] が輸入され始めて間もない、はライカII型を購入し、その模倣品を製作した。

次の

キヤノン

キヤノン プロダクション プリンティング システムズ

1933年、国産で初めての35ミリ「Kwanon(カンノン)」を試作した。 デジタル一眼レフカメラ [ ] キヤノンは創立以来、究極の一眼レフカメラを追求し、自社開発のレンズ、CMOSセンサー、映像エンジンなどの革新的技術から生み出されるイノベーティブな製品が高画質画像で、世界をリードしている。 (事務機、事務機周辺機器、産業用プリンター、光学機器)• 翌2010年1月以降は日経スペシャル ガイアの夜明けへ出戻り。 AUTOBOY• (昭和60年)- 世界初のバブルジェット方式インクジェットプリンター「BJ-80」発売• 複数のご注文を1枚にまとめたり、商品毎に分割・一部のみ発行はで きかねますのでご了承ください。 しかし証券売買で知り合ったの事業観「資源が少ない我が邦では、材料の原価に占める割合が少なく、例えばとか純度の高い化学工業が有望である」に接して一転カメラ製造を決意し、3年の研究期間を設定し1933年11月研究所を立ち上げた。 高機能 -(環境負荷の低減に有用な材料技術• 概要 [ ] 1937年設立のOA機器の総合メーカー。 、本社:オランダ フェンロー市、CEO:Anton Schaaf、以下オセ)のキヤノングループ入り以降、製品面において強力な補完関係を築く一方、2012年5月には昭和情報機器株式会社(社長:中澤祐一、以下昭和情報機器)をキヤノンMJグループに迎え入れ、販売・サポート面で連携を強化してきました。

次の

3Dプリンティングで新型コロナに対抗、キヤノンMJが受託事業を開始

キヤノン プロダクション プリンティング システムズ

これら製品に関連し、文書管理やプリンター管理、帳票設計などのソフトウエア製品群を、「imageWARE(イメージウェア、iW)」ブランドで開発・販売している。 AS とニコン 7731. 2018年度の全国のやからデータを集計する「ランキング」の販売台数上位5社の中において、キヤノンは販売台数シェアは首位の37. キヤノン株式会社 2016年3月30日. 9%増)、営業利益3,500億円(同52. キヤノンについて• (テレビ朝日系)( - 2009年9月)• IXY DIGITAL• また、電子写真技術をもとに LBP を開発し、かつては「LASER SHOT(レーザショット)」、現在では「Satera(サテラ)」のブランドで発売している。 GRI102-11• 医療機器 [ ] 医療機器分野では、用測定機器(眼底カメラ)、撮影機器(デジタルラジオグラフィ)、医療画像記録機器の開発・製造を手がけている。 (平成28年)- 「グローバル優良企業グループ構想」フェーズVスタート を連結子会社化 歴代社長 [ ] 代 氏名 在任期間 初代 1942年 - 1975年 2代 1975年 - 1977年 3代 1977年 - 1989年 4代 1989年 - 1993年 5代 1993年 - 1995年 6代 1995年 - 2006年 7代 2006年 - 2012年 8代 2012年 - 2016年 9代 2016年 -• (平成19年)- 5,000万画素CMOSセンサーの試作に成功• 日本取引所グループ. (テレビ東京系・2012年1月 - 3月)• それぞれの強みを融合したインクジェットならではの広い再現色域を活かして、より豊かな深みのある色表現を実現している。 業績・財務• (全事業製品(一部製品を除く))• (全事業製品(一部製品を除く))• そのうち外装部品の調達や金銭管理が必要になり、内田三郎が山一證券から部下であった前田武男を連れて来た。 (企業向けIT研修・マネジメント研修事業)• (インクジェットプリンター、レーザープリンター、スキャナー)• (デジタルカメラ用の部品など)• キヤノンマーケティングジャパン株式会社(社長:川崎正己、以下キヤノンMJ)は、このほどキヤノンMJグループのプロダクション関連事業会社および事業部門を統合し、2014年4月1日付けで新会社「キヤノンプロダクションプリンティンググシステムズ株式会社(社長:峯松憲二、以下キヤノンPPS)」を設立します。

次の

キヤノン オセがキヤノンプロダクションプリンティングに社名変更

キヤノン プロダクション プリンティング システムズ

キヤノンのアプローチ• コンパクトデジタルカメラ [ ] コンパクトカメラは1961年の「キヤノネット」に始まる。 (水曜21時放送時代)• これに、キヤノンMJのプロダクション関連部門と、キヤノンシステムアンドサポート株式会社(社長:神野明彦)のプロダクション関連営業部門を移管し、プロダクション事業専門の新会社「キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社」を発足します。 (平成21年)- EFレンズ生産5,000万本を達成• また、搬送ベルトにはエア吸引ベルトを使い、高速かつ安定した搬送を実現しています。 詳細は「」ページ内の「返品・返金につい て」をご確認下さい。 昨年末合計5000万円を投じてキヤノン製のデジタル商業印刷機を購入した。 セキュリティ技術 -(製品・サービスの安全性を確保するための技術• )は、、をはじめとする映像機器、、をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置()などを製造する大手電気機器メーカー。

次の

オセが社名変更「キヤノンプロダクションプリンティング」に ブランド統合し市場開拓加速

キヤノン プロダクション プリンティング システムズ

新型コロナウイルスの感染拡大により、工場が停止してサプライチェーンが分断したり、人工呼吸器をはじめとする各種医療機器が不足したりといった影響が出ている。 金属高精度切削技術 -(数十マイクロメートルといった高精度加工を実現する技術• PIXUS• ユニバーサルデザインガイド• (昭和53年)- 世界初のリテンション方式複写機「NP-8500」発売• 3%を獲得している 交換レンズ [ ] キヤノンの交換レンズは、35mm判に対応する一眼レフ用のEF、TS-E、MP-Eレンズがそれぞれ49本、4本、1本、コンバーター類が3本。 (平成3年)- 世界で初めて(FLCD)の開発に成功• 放送・業務用ビデオカメラ用レンズ分野では世界トップシェアを誇り、一時参入していたニコンの追随を許さなかったほどである。 「キヤノン請負労働者「生身の人間。 主な事業・製品 [ ] 「」も参照 原点である銀塩や、を中心に、、、などを加えた映像機器の開発・製造・発売を手がけている。 デザインの現場から• (業務用大判プリンター・オフィス向け中高速プリンター・デジタルプロダクションプリンティングシステム・ソフトウエア・消耗品などの研究開発・生産・販売およびビジネスサービス)• 加速する戦略的大転換• PIXUS• EOS Kiss X8i• Wonder BJ• (昭和62年)- オートフォーカス一眼レフシステム「EOS」およびEFレンズ群発売• 医療機器 [ ] 眼科機器や遺伝子診断機器、血圧計などの医療機器を開発・製造・販売している。

次の

新たな価値創造、社会課題の解決

キヤノン プロダクション プリンティング システムズ

キヤノン公式ページ 09-10-17閲覧• (この場合、発行まで約2週間ほどお時間がかかり ます。 (全事業製品)• (全事業製品(一部製品を除く))• 場所は吉田五郎が乃木坂の自宅から歩いて数分の場所であった町62番地(港区六本木七丁目14番4号)、2012年現在が建っている場所に存在した新築洋風三階建ての「竹皮屋ビル」を見つけて来てその一角を借りた。 (昭和57年)- 第二次優良企業構想スタート• (デジタルイメージングソリューション、医療用システムインテグレーター)• このほか、中小型有機ELメーカーのに出資している。 また、キヤノンMJがフィリップス社製AEDの販売を行っている。 ユニバーサルデザイン• imageRUNNER• 初代機種は各界からデザインの秀逸さが評価され、通産省グッドデザイン賞を受賞。 本社の階段が使われた。

次の

キヤノン オセがキヤノンプロダクションプリンティングに社名変更

キヤノン プロダクション プリンティング システムズ

-(使い手の目的や意図を的確にくみ取り、使いやすさを追求するための技術• シンクロリーダーの発明者。 (系、番組開始時から2000年4月頃まではキヤノン販売(現キヤノンマーケティングジャパン)が、それ以降はキヤノンがスポンサーとなっていたが2008年3月29日の放送をもって降板した)• クリーナーレス現像技術 -(感光ドラムの現像ローラーによる残トナーの回収を安定させる技術• EOS 5D Mark III、PowerShot G1 X• (インクジェットプリンター)• (全事業製品(一部製品を除く))• 5とニッコール50mmF4. 本社・下丸子別館( 、)• 半導体露光装置 [ ] 半導体露光装置市場でキヤノンは、オランダのASML ASML. (全事業製品(一部製品を除く))• カメラ開発は吉田五郎に一任され、内田三郎は言われるまま金を工面した。 化学物質安全性評価技術 -(VOC (揮発性有機化合物)、粉じん、オゾン、微粒子などの放散化学物質の測定技術• また、「角ゴシック体Ca」がのスコアボードに採用されている。 (ライフサイエンスと遺伝子検査装置事業)• 投資家情報• (全事業製品(一部製品を除く))• この布幕については小西六(を経て現)から持って来たと推定している。 5%増)、営業利益2,524億円(同69. (キヤノン製品の開発支援(集積回路、複合機、画像、通信))• 個人投資家の皆さまへ• 同社が産業用3Dプリンター事業で培ったノウハウを生かして、顧客のニーズに合った素材や出力方式を提案。

次の