アークテリクス アトム lt。 アークテリクス社員みんなが持ってる アトム LT ジャケット(アークテリクス)

頼りになるやつ。アークテリクスアトムLTフーディ

アークテリクス アトム lt

女性スタッフのほとんどは2着持っています。 インサレーションは伸びないのが多いですよね。 非常にすぐれた耐久性を持つトップパフォーマンス素材で構成され、かつ合理的なミニマルな機能で軽量化を実現したアイテム。 関連記事: 関連記事: Quotation: アウトドアブランドのウェアといえばゴアテックスウェアを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 五年くらい使っていますがまったく劣化なし。

次の

アークテリクス社員みんなが持ってる アトム LT ジャケット(アークテリクス)

アークテリクス アトム lt

伸縮性はありませんが、立体裁断が優れているので、動きは窮屈になりません。 でもこういうのが一番使い勝手が良かったりします。 そのため、春秋や暖かい冬でアウターとして活躍でき、真冬の寒い時期はゴアテックスのハードシェルの中に着るミッドレイヤーとして使用します。 重ね着をしておいて、暑かったら脱ぐ、寒かったら着る。 5〜3万円)と、スタイリッシュなデザインのため見た目の割に容量が少ないことです。

次の

アークテリクスのおすすめ定番アイテム紹介(タウンユース)

アークテリクス アトム lt

細かいことを僕が説明するよりアークテリクス公式サイトの説明が分かりやすと思うので下に乗せておきます。 ゼータSLについては汎用性と軽量性のバランスや、GORE-TEXpacliteplusが提供する通気性と防水性のバランスの良さから 2019年度のoutdoorgearlabエディターズチョイスに選ばれています。 真冬の一番寒い時期にアウターとして使用したい場合はARのほうがいいかもしれません。 このような感じです。 通気性が高いので、身体が火照っても蒸れずに、ベンチレーションのような機能を果たしてくれます。 ストレッチもあって、ずっと着ていられる。 注意点は脱水をかけすぎると痛むため、1分くらいで脱水を終えて、手で軽く絞ってから部屋干しをするように店員さんからアドバイスをいただきました。

次の

【ARC'TERYX】本社スタッフ全員が持っているおすすめアイテムです!アークテリクスのアトム LT フーディの紹介!

アークテリクス アトム lt

前はそれよりもやや短いです。 どちらかというと透湿性を優先していると思います。 ゴアテックパーテックスなどの防水透湿素材には劣るものの、表地はDWR(耐久撥水加工)があるため小雨程度であれば防ぐことができます。 そんなずぼらな僕にもピッタリのウェアとして、アークテリクスの「 アトムLTフーディ」を紹介させていただきます!• 麓から稜線にでるまでは樹林帯なので、ほぼ風もなく寒さを感じることなく歩くことができました。 チェストポケットの裏地はフリース地で暖かい。

次の

アークテリクス アトムLTフーディ 化繊インサレーションの魅力

アークテリクス アトム lt

まとめ. アトムLT・アトムSLは身体にフィットしたスタイルなので、着た感じシュッとしていています。 MXに関してはバラクラバやネックゲイターとしても使えるフェイジックARパネルを備えています。 表地はハードフェイスになっているので、毛玉などもできにくいです。 しかし、漂白剤やソフト剤が入ったものは使ってはいけません。 サイドのストレッチフリース部分の違い。 パタゴニアだと『社員全員フーディニジャケットを所有してます』ですね。

次の

【アークテリクス】買ってよかった!秋冬の防寒【アトムLTフーディ】

アークテリクス アトム lt

アトムLTフーディの仕様 身長173センチの私はMサイズを選択。 おまけに速乾性が高く水を吸ってもへたりづらい。 』 と書かれているアトム LT。 冷たい風も入ってきませんし、ベルクロなどもないので手首が使いやすい。 Atomシリーズ内は用途別に3種類あります。 こちらもGORE-TEXProが採用されてものがあり、夏場ならレインウェアとして、積雪期であればハードシェルの代わりとして使うことができるでしょう。

次の

頼りになるやつ。アークテリクスアトムLTフーディ

アークテリクス アトム lt

SVのみレギュラーフィット、ほかはトリムフィットとなっています。 停滞中に寒さを感じることより、行動中に蒸れて汗が溜まらないことを重視。 はじめに。 僕が選んだのは中間にあたるLT。 この中でも特に登山でニーズがあるであろうカテゴリーをピックアップしていきます。 表地の生地も基本的にある程度の防水性や撥水性のある素材を使用しているので、小雨程度ならば特にに問題はありません。 自分で着てみて、すぐにその良さが分かりました。

次の

【ARC'TERYX】本社スタッフ全員が持っているおすすめアイテムです!アークテリクスのアトム LT フーディの紹介!

アークテリクス アトム lt

アークテリクス公式サイトに 『本社のスタッフ全員が Atom LTを1着以上所有しています。 アトム LT フーディのレビュー アトムLT・・・LTは軽量の意味です。 SLはハイブリッド生地となっており、着心地が良いとのことです。 防風、耐湿アウターシェルは、単独でも着用できます。 ちなみに万能性と合わせて個人的に一番のメリットは洗濯できることです。

次の