エクセル ドロップ ダウン リスト。 エクセルで複数のドロップダウンリストを連動させる方法

【エクセル2013】プルダウンの選択リスト以外を直接入力する方法

エクセル ドロップ ダウン リスト

[ エラー メッセージ] タブをクリックします。 入力規則のコピー ここでのサンプルのように 同じ列で入力規則をコピーする場合は、フィルハンドルをドラッグすることでもOKです。 ドロップダウン リストにないデータをユーザーが入力しないようにするには、[ 停止] をクリックします。 ブックの保護の詳細については、「」を参照してください。 【例】品名のA2セルで「パソコン」「プリンタ」のいずれかを選択するようにします。

次の

ドロップダウンリストを設定する(入力規則):Excel基本講座

エクセル ドロップ ダウン リスト

注: 入力規則コマンドが利用できない場合は、シートが保護されているか、ブックが共有されている可能性があります。 step4. B2:B13」と書いた場合・・・• 本記事を参考に、エクセルだけではなくスプレッドシートでもプルダウンリストを活用して効率よくデータ整理を行いましょう。 参考リストの元の値にセル範囲を指定する方法は、以下の記事で解説しています。 ・フォント:フォントやスタイル、フォントサイズの変更、色などを設定することができます。 Sheet2のB2:B13を選択し[名前ボックス]をクリックして、『月数』と入力し、[Enter]キーを押します。 [データの入力規則]ダイアログボックスの[元の値]に、 INDIRECT(インダイレクト)関数を使うのがポイントです。 ドロップダウンリストから日付を選択して入力することができるようになりました。

次の

【Excel】ドロップダウンリストを設定する(追加・削除)

エクセル ドロップ ダウン リスト

まずは「都道府県」から。 「新しい書式ルール」というボックスが表示されます。 「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認したら「OK」をクリックし、プルダウンリストの作成完了です。 ドロップダウン リストにないデータをユーザーが入力するのを止めさせるのではなく、メッセージを表示するには、[ 情報] または [警告] をクリックします。 2ドロップダウンリストを設定できた ドロップダウンリストを作成できました。

次の

日付データだけが入力できるようにしたい:エクセル2010基本講座

エクセル ドロップ ダウン リスト

具体的には、次のようにします。 手順 入力規則設定時の設定で非表示となっている場合 「ドロップダウン リストから選択する」のチェックが外れている場合は表示されません。 これは「 プルダウンメニュー」や「 ドロップダウンリスト」と呼びますが、 Excelでも作成できるのを知っていますか? 役職名や部署名など、いくつかの決まった項目からデータを入力したいときに、すばやく正確に入力できて便利なのです。 含めるのはドロップダウンに表示するセルだけにしてください。 「元の値はエラーと判断されます。 一番最後の行に追加してもドロップダウンリストには反映されないので、途中にわりこませます。 ... 「名前」を「東京都」にして「OK」を押します。

次の

Excelでプルダウン!状況別ドロップダウンリストの作り方

エクセル ドロップ ダウン リスト

次に「都道府県」のドロップダウンリストの項目にしたい「東京都」、「北海道」を選択した状態で「名前の定義」をクリックします。 スタイルで[停止]が選択されているのを確認します。 データ入力を制御するセルを選択します。 そうすると、プルダウンの選択リスト以外を 直接入力することができます。 [OK]ボタンをクリックすると、入力規則の設定が完了です。 これでドロップダウンリストに項目を追加することができました。

次の

入力規則設定時、ドロップダウンリスト以外の値も入力したい:Excel(エクセル)の使い方/データの入力規則

エクセル ドロップ ダウン リスト

元の値にリスト化したい項目を入力する 具体的に見ていきましょう。 (テンキーの6では不可能) 初期設定では「すべて」であり、設定を変えた覚えがない場合は 気付かないうちにこのショートカットキーを押している可能性があります。 メッセージが表示されないようにするには、チェック ボックスをオフにします。 まとめ• 例として、役職名をドロップダウンリストで選択できるようにしましょう。 ドロップダウン リストを削除するには、「」を参照してください。 また、 では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。 この項の方法と上の「リストの切り替え」との併用はできませんので、ご注意ください。

次の

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成/編集する

エクセル ドロップ ダウン リスト

「名前」に「プリンター」と入力します。 「設定」タブの「入力値の種類」で『リスト』を選択します。 情報は のアイコンとともにメッセージを表示し、警告は のアイコンとともにメッセージを表示します。 2データの入力規則を設定する [データの入力規則]ダイアログボックスが表示されました。 Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)は入力ミスを防止 プルダウンリストを使用することは、あらかじめ設定した項目から選択できるようになるため入力ミスの防止策になります。 追加していない条件があるなら再度 [新規ルール] をクリックします。

次の

【エクセル2013】プルダウンの選択リスト以外を直接入力する方法

エクセル ドロップ ダウン リスト

入力値の種類で「リスト」を選択します。 [データの入力規則]ボタンの 下部をクリックすると、3つのメニューが表示されます。 項目が多い場合は、あらかじめリストを用意しておくのが正解。 セル範囲A6:B6を選択し、名前ボックスに「品名」と入力します。 ドロップ ダウン リストを作成した後は、本来の目的通りに動作するようにします。

次の