静岡 発 そこ 知り。 そこが知りたい

そこが知りたい

静岡 発 そこ 知り

:(から放送され、2009年現在も放送中。 コーナー最後にはの歌「東京カントリーナイト」が流れた。 (フジテレビ系列、深夜に放送していた。 4代目 - ミスターちん、、• シリーズ通しで 「あなたもバスの旅にでかけてみませんか」(最初期は手書き風、中期以降はの)とが表示された。 京都 - 、、•。 。

次の

そこが知りたい

静岡 発 そこ 知り

主なシリーズ企画 [ ] 日本全国各駅停車路線バスの旅 [ ] 実際の放映では「各駅停車路線バスの旅」と表記される。 プロデューサー:秋山征夫、濱しんぎ• 音楽:• 以降しばらくは私鉄の取材が多かったが、末期はJR・私鉄半々程度の割合となった。 巻数 発売 第1集 第2集• リポーター• 選曲:林章雄• 製作:東條毅• 関連書籍『日本全国各駅停車路線バスの旅』 関連書籍として 『日本全国各駅停車路線バスの旅』の書名で、1986年に第1集、翌1987年に続編の第2集がから発行された。 「路線バスの旅」ではあるが、やバス以外の交通手段を使わざるを得ない場合も発生する。 企画当初はの普及が進んだの時代で、路線バスは交通渋滞の邪魔者扱いを受けていた。

次の

そこが知りたい

静岡 発 そこ 知り

TBSテレビ・そこが知りたい編 『日本全国各駅停車路線バスの旅』 第2集、、1987年。 「静岡発そこ知り」の番組サイト 木村鋳造所のPCR検査用ボックスについてはこちら. 主なテーマ路線• 全行程終了時には、当該データ(走行距離、通過バス停、乗車バス台数、1人分の運賃等)が表記されたが、後期には省略されている。 愛称は「そこ知り」。 その後、10月からで当番組を受け継いだ『 それがしりたい 〜ニッポンおもしろいネ〜』が開始され、初回放送分()では 「ぶっつけ本番! 初発は盤だが、企画が始まるからCD化された。 このコンセプトは現在も放送されている『』(TBS)の1コーナー「噂の現場」に受け継がれている。 SBSアナウンサーの原田亜弥子さんが来社され、密にならないよう注意をしながら1日かけて工場を回り撮影を行いました。

次の

最新情報|KIMURA

静岡 発 そこ 知り

1987年秋の改編により平日22時台がニュース番組(『』)となったのに伴い、本番組が火曜19時に移動、さらに解説を務めていた『』が放送時間変更で火曜20時(『火曜ロードショー』)に移動した事から、本人の申し出により降板となった。 また番組の内容的にも当時の面影は薄く、企画コンセプトは継承されなかった。 構成:村川克信• プロデューサー:三田村泰宏・伊藤輝治• 音効:中本建• 製作協力:、GOLGO 放送局 [ ]• 「各駅停車路線バスの旅」の音楽 視聴者から問い合わせの多かった 「各駅停車路線バスの旅」のは、主に宮城県出身の (姫神せんせいしょん・)の曲が使用された。 (、木曜日23:40から)• リポーターグループ• 3代目 - 、()、(放映分)• :放送作品関連を扱う横浜市内にある施設 系列局制作のローカル版 [ ]• 選曲:林章雄• バス路線に沿った旅程を組んで番組が進行するが、路線バスが運行されていない地域や、歴史ある民家や美しい風景、お祭りなどのイベントなどがあれば途中下車して、当初予定したルートから逸れることもある。 (都電荒川線特集のみ) ナレーター [ ]• しかし、「自主編成時間帯」だったレギュラー放送時とは異なり、全編ネットワークセールス(JNN全系列局同時ネット)での放送となり、内容は 「路線バスの旅」であった。 3人のリポーターが地域の人々の人情を引き出す事に長けており、そこにスポットを当てたため視聴者の心をつかんだ。

次の

そこが知りたい

静岡 発 そこ 知り

これを皮切りに不定期ながらシリーズ化され人気番組となった。 一部の系列局では、レストラン情報などを扱ったローカル版が制作されており、現在でも放送されている系列局が存在する。 に放送開始。 選曲:渡辺勇之助• 姫神の曲以外にも、、、、、の作品(『』)など、時代に合わせてさまざまな曲が使用された。 出典:中国新聞1985年10月1日付朝刊テレビ欄• 1982年5月 - 1987年9月:• ミキサー:伊東忠美• 曲名:「うたげ」「鳥のごとく」(アルバム「姫神伝説」収録 D32R0026 発売) 「蛍」は発売のアルバム「姫神-BESTII-遠い風」にも収録。 及びその。 というテーマで視聴率測定器の仕組みについて放送したところ、視聴率測定器を持っている家庭が番組を見たため視聴率が急上昇したとのエピソードが残されている。

次の

そこが知りたい

静岡 発 そこ 知り

美術:金子俊彦• (番組末期のみ)• 編集:ビデオサンモール• (、開局に伴い移行)• 本シリーズの記念すべき第1回は、のから、のまでを目指す「日本横断」編である。 基本的に東京を出発起点としているため、たとえば東北縦断編では東京〜郡山間を(高速バス)で、九州縦断編では東京〜広島間を「」(夜行高速バス)で、沖縄本島一周編では東京〜那覇間をで、湘南編では東京〜間を()で、それぞれ移動している。 「秋の富士山路線バスの旅2(1986年放映のシリーズ後半)」、ならびに「知っていますか横浜」の2本を視聴することができる。 初代 - 、、• 概要 [ ] 「世間で起きている事件やトラブルを報道とは違う視点でリポートし、見せていく」というものが、そもそものコンセプトで、もともと硬派な情報番組として立ち上がった。 通勤線途中下車の旅 [ ] 首都圏中心の鉄道途中下車の旅。

次の

最新情報|KIMURA

静岡 発 そこ 知り

歴代司会者 [ ]• テレビ未放映のオフショットやエピソードなどが収録されている。 スタジオ技術:• 曲名:「蛍」(アルバム「奥の細道 姫神のアルバム 奥の細道」収録 D32R0023 発売)• 1993年10月 - 1997年9月:森本毅郎、(当時TBSアナウンサー) 放送データ [ ]• 開局に伴い移行)• また、 やなどでは、JNN最終のニュース・スポーツニュース終了後に放送していた。 音効:西山隆司、半藤徹• 製作:高柳等、長田透• 路線バスの旅シリーズと同様に、この企画もその後他局に模倣されることとなり、特にでは独立したひとつの番組(『』)として現在まで放送されている。 2020年6月18日に、SBSテレビ 静岡放送 で水曜19時から放送中の「静岡発そこ知り」の取材を受けました。 先日沼津ににある東部保健所に寄贈したPCR検査用BOX、もうすぐ発売予定の製品(放送予定日までには発売できると思います!)、世界記録を樹立したあの発泡スチロール製コースなどたくさん撮影をしていただきました。 ミキサー:伊東忠美• (一部地域では遅れネット)全725回放送。

次の