サカタ 製作所。 ホワイト企業「サカタ製作所」残業ゼロの秘密

(株)サカタのタネ【1377】:株式/株価

サカタ 製作所

) 返品について 【 返品・交換をご希望される場合 】 下記の注意事項をご確認の上、商品到着後7日以内に 電話またはメールにて弊社までご連絡下さい。 現在でこそ成長の原動力となっている太陽光パネル取り付け金具だが、市場に投入した2008年、そして2009、2010、2011年と赤字が続いた。 20 3. 平成7年(1995年)、65歳を迎えた創業者坂田省司氏は代表取締役会長に、2代目坂田匠氏が代表取締役社長に就任した。 ぜひ生産現場を見てみたいというお客には、実際に会社見学へ連れ出すこともあるそうです。 会社概要 株式会社プラスワイズ 〒955-0002 新潟県三条市柳川新田997 TEL: 0256-39-6107 FAX: 0256-39-0083 Mail : 営業時間:10:00 〜16:00 (昼休み12:00-13:00) 営業日:平日 休業日:土曜、日曜、祝日 (発送やお問い合わせの返答は翌営業日になります。 株式会社 サカタ製作所 当社は、いわゆる非住宅と言われる工場、店舗、倉庫等の建物の金属製折板屋根に用いられるタイトフレーム及びその周辺金具類の開発・製造・販売を主たる業務としており、自社ブランド製品のみならずOEM製品も含めて、多種多様なニーズに対応できる体制を整えております。 どちらも指定は不可となります。

次の

株式会社サカタ製作所

サカタ 製作所

• スポーツエールカンパニーとは 運動不足である「働き盛り世代」のスポーツの実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的とした賞です。 3年間我慢の経営で黒字化• いや、普通の経営者ではそんな勇気は出ないだろう。 さらに職人による刃の研ぎ直しという嬉しいサービスも。 するとその部署もすぐ残業ゼロになりました」 とにかく社員を信頼する、徹底的に任せる。 10年余り前に母が脳腫瘍(しゅよう)で倒れたとき、父は願掛けで禁煙した。

次の

株式会社サカタ製作所の採用・求人情報

サカタ 製作所

神奈川県「埜庵(のあん)」や奈良県「ほうせき箱」「日乃出製氷」などのかき氷の名店も、その鋭い切れ味に魅せられて研ぎ直しを依頼しているそうです。 00 1. そのソーラーパネルを屋根に取り付ける製品にも 屋根金具で培われた当社の技術・品質が生かされています。 コミュニケーション能力が高い人の方が好印象を与えるでしょう。 小林取締役は大学卒業後、地元金融機関に就職し、エンジニアリング会社を経て、株式の上場を目指す地元の成長企業に転職し、大きなプロジェクトに携わる。 3月14日行われた第4回ホワイト企業アワードの表彰式で健康経営部門と最優秀賞を受賞したサカタ製作所の坂田啓代表取締役(左から2人目) 一般財団法人日本次世代企業普及機構(ホワイト財団)が、ホワイト企業認定を受けた企業のなかで最も注目すべきホワイト企業を決めて世間に認知してもらおうと毎年、ホワイト企業アワードを行っている。

次の

太陽光架台金具 サカタ製作所製重ね式折板屋根用金具 通販

サカタ 製作所

小林さんの探究心はとどまらず、県外にも赴き、かき氷の名店と呼ばれるお店で片っ端から食べ歩きをしました。 この製造部での体験が現在の製品開発の仕事をするにあたり、とても役立っています。 鉄鋼商社では「サカタ製作所は鉄を扱うので、ものすごく勉強になった」と振り返る。 【特長】アース金具標準装備。 健康経営に禁煙チャレンジ 健康経営部門で受賞の理由になった代表的な取り組みが「禁煙チャレンジ」だ。 そんな既成概念を打ち破ってくれるような、衝撃のふわふわかき氷機を製造する会社が、実は新潟県長岡市に存在するのです。 Copyright C 2012 plusys. (欠品・メーカー販売終了商品等により商品の手配がとれない場合には再度ご連絡させていただいております。

次の

サカタ製作所

サカタ 製作所

だから、「資本と経営の分離」が重要だ、坂田氏は言う。 特に製造部門の研修において、自ら機械を操作して加工する工程作業を経験し、生産者の感じ方(この製造工程では加工しにくい、手間がかかるなど)を理解することができました。 止むこと無き改革への情熱はどこから来るのだろうか。 だが、住宅用と非住宅用とでは生産設備や流通など全く異なる。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。

次の

衝撃のふわふわに感動!刃物のまちの町工場が作り上げた「究極のかき氷機」とは!?|な!ナガオカ

サカタ 製作所

そう簡単にできる事ではない。 でも、使用している機械は案外安っぽいなと感じましたね」 そして日本に帰国。 その意味では、新卒に求めているのは、多分に性格的な要素を人事はよく見ているようです。 攻めのIT経営中小企業百選とは ITの活用による企業の製品・サービスの強化やビジネスモデル変革を通じて、新たな価値の創出やそれを通じた競争力の強化を目指す「攻めのIT投資」を行い、成果を上げている中小企業から選定されます。 当時は不満たらたらだった」。 と疑問を胸に訪問すると、取締役技術開発部長の小林準一さんが出迎えてくれました。 全国シェア1位のノウハウと情報量を生かして、さらなる事業拡大へ。

次の