オキナワ マルバネクワガタ。 2018年秋のオキナワマルバネクワガタ

マルバネクワガタ属

オキナワ マルバネクワガタ

繭を作り羽化するまで3月かかるため、繭を作り始める前にマットを交換しておくこと。 下記、採集記は規制以前のものです。 つまりクワガタムシの生活は日の沈むころに始まり、日が昇るころに終わる。 最近では、環境への配慮を謳い、下のような看板を現地で見ることがあります。 鞘翅の光沢がかなり強く、前胸の形状と合わせ他種との区別は楽。

次の

日本のマルバネクワガタ

オキナワ マルバネクワガタ

やんばるの森のみに住むクワガタで、成虫は秋(9~10月頃)に現れます。 生息地はが生息していないため飼育用の材をとるための採集者が増えるとともに、開発が進んだため近年生息数が壊滅的に激減するとともに 、4ヶ所あった生息地が1ヶ所に減少した。 NgocLinn Kontum prov. やはりオキナワマルバネ採集は運の要素が大きいのかも知れない。 プラケース大程度の容器にマットの底はかなり固く、中層は固め、上層は押し固めるようにマットを詰め込む。 藤田 2010 は新大図鑑で、ベトナム北部〜広西チワン族自治区にかけての褐色味の強い個体群に対しssp. 成虫の入手 石垣島と西表島に分布するマルバネクワガタだが、両島とも個体数は少なく採集は難しい。

次の

冬にしかいない伝説のクワガタを探せ #1【オキナワマルバネクワガタ】

オキナワ マルバネクワガタ

卵の表皮は極めて薄くオオクワガタのような固い卵ではない。 『月刊むし』によると、与那国島の海岸で採集されたという記録があるが、台湾から海流によって流れてきた可能性が高いといわれている。 Neolucanus1 Neolucanus protogenetivus Y. confuciusに相当する個体 Thrumshingla National Park 住所: Buthan Fang N. しかしその(少ない)イメージと幼 虫の飼育が比較的簡単であ る ことが幸いしているのか、飼育されている個体数はかなり多いように感じる。 当然、運転をしながらの作業になるので安全第一に、一般車に迷惑を掛けない心掛けが必要になる。 Kachin Neolucanus giganteus Pouillaude,1914 ギガンテウスマルバネクワガタ 大腮先端にのみ上向きの歯を有する。 パリーマルバネクワガタ N. 窓を開けて走行しているとオオシマゼミの鳴き声も聞こえてくる。

次の

マルバネクワガタ属

オキナワ マルバネクワガタ

成虫の寿命 羽化後約3月。 夜間の道路のルッキングで採集した個体だそうである。 充分成熟した卵と産卵直後と思われるまだ膨らみきっていない卵双方が回収されたことで、オキナワマルバネの産卵期間は相当長期間に渡ることが想像できる。 平均的な大きさや大腮の形状に地域変異が見られるが、個体数が少ないため か現在までに亜種記載はさ れていないようである。 夕食を購入 ・ ・ ・ 暫く車を走らせ、いよいよオキナワマルバネ探索ポイントまでやってきた。 天候も良く非常に快適なドライブとなる。

次の

2018年秋のオキナワマルバネクワガタ

オキナワ マルバネクワガタ

卵はフレークの中にバラバラと産む訳ではなく、【図6】に示すように直径2〜3cmほどの固まりとなったフレークの中に卵室とでも呼ぶのか空間を作り、その中に産んでいた。 昨年紹介した個体は小型で角があまり発達していませんでしたが、今回のような大型個体では角が発達し、まさに「タテヅノ」となります。 回答ありがとうございます。 Maotoushan Yunnan Mt. しかし、本種の分類上の位置付けが明確になったのは下記のように旧大図鑑発行時であり、それ以前には日本 産を含む[タテヅノマルバ ネクワガ タ]に Neolucanus saundersii が充てられていた影響から、ヤエヤママルバネクワガタなどを saundersii の亜種として記述してある文献・サイトも多く見られる Darjeeling India 上を向く突起は先のものの方が 長い Darjeeling India N. 西表島にいる頃は採集、飼育をし、遊びを通してクワガタムシに接してきたが、沖縄本島にもどってきた小学3年からは科学的な視点に立ち定期的、定量的な観察を続けている。 現在も林道開設は休止のままで、世界遺産登録を目指す中で今後も事業の再開はないでしょう。 2mm(飼育下では68. しかし、アマミマルバネやオキナワマルバネよりも繭の期間が短いためか、前の2種より繭の時期の死亡率は低い。

次の

Neolucanus1

オキナワ マルバネクワガタ

概説 の場合、大歯型では大顎全体が上方に反り、先端付近の内歯で噛み合うようになっている。 マットの防虫は作成したマットを厚手のビニール袋に入れ、中に使い捨てのカイロを入れて空気を抜いて密閉する。 マルバネの中ではこのヤエヤママルバネが最も飼育しやすい。 spicatus Didier,1930 この亜種を認めるとすると、亜種の境界は 広西チワン族自治区〜四川省にあるようである TamDao Pia Oac Caobang VietNum 広西チワン族自治区 大明山 広西チワン族自治区 大明山 左の個体は大歯ではないが、大腮基部に も小さいながら上向きの歯を有する。 採集禁止と採集者の取締りは、現状では必要と思いますが、同時にモニタリングによる生息状況の把握、減少の原因究明と対策がなければ単なるパフォーマンスと言わざるを得ません。

次の