キャッチ オール 規制 韓国。 韓国 きょうのニュース(7月17日)

政府「韓国のキャッチオール、日本より厳しい…日本は局長級協議に応じるべき」|韓国経済.com

キャッチ オール 規制 韓国

このリストに該当する機械を輸出する場合には、経済産業大臣の許可が必要となります。 また韓国メディアなどの報道によると、この2年間、北朝鮮による瀬取りや石炭密輸などに協力した容疑が持たれている韓国企業が少なくとも複数社、韓国政府により取り調べられてきたとされる。 もちろん、日本から輸出された貨物が実際に北朝鮮に迂回輸出されたか否か、日本の輸出者だけでは判断が困難である。 今回の措置は日本としては国際的に当然しなければならない措置なのだ。 あれだけ貿易額の多い中国と同じ手続きを今後はしていくのです。

次の

リスト規制とキャッチオール規制について教えてください。

キャッチ オール 規制 韓国

行政処分の情報も、経産省から公表される。 このリストでキャッチオール規制は「5505品目」に該当し、「5505品目」の条項は「生物化学兵器や核兵器、ミサイルに転用される可能性がある商品と技術については、仲介人や最終利用者が武器専用に使用するものを輸出企業が認知した場合、外務大臣の許可を受けなければならない」と規定されている。 半導体装備エンジニア、研究開発人材、生産ライン管理者、プロセスエンジニアなどすべての職群にわたって3000人以上の採用計画案をぶち上げました。 キャッチオール規制のホワイト国の名称変更!グループAへ 「グループA」と聞くと、サッカーの大会のグループのように聞こえますが、今回韓国がホワイト国から除外されたのを機に、 優遇措置を取る国を「ホワイト国」から「グループA」に呼び名が変更されました。 。 そのため、なんとしてでも食い止めたかった日本の「ホワイト国」除外の措置ですが、韓国が「北朝鮮などに兵器転用の恐れがある物資を不正に輸出していること」に対してのなんら対応を見せないため、日本政府は「韓国さんそこらへんをちゃんと説明してくれないのなら、もう信用できないのでホワイト国外します」として、「ホワイト国」の韓国除外に踏み切ったのです。

次の

韓国のホワイト国除外でキャッチオール規制が義務!感情論の衝突も激化!

キャッチ オール 規制 韓国

日本は「キャッチオール規制」を導入し、禁輸対象に指定していない品目でも大量破壊兵器(WMD)開発などに利用される恐れがあると判断すれば輸出許可を統制している。 「何のために使われるのか分からない」という不確実性だけでも、輸出者としては真剣に懸念して対処しなければならない。 「キャッチオール規制」 補完的輸出規制 は日韓関係の悪化や、日本がグループから韓国を除外した事で注目をされていますが、その中身はそこまで複雑なものではありません。 韓国がホワイト国から除外されるとどうなる? 韓国がホワイト国から除外されると「キャッチオール規制」の対象国の扱いを受けます。 産経新聞の4日の報道によると、「ホワイト国」(現在27カ国)から韓国が除外されれば、軍事転用の恐れがある輸出統制物資に指定された品目(リスト品目)以外の非リスト品目に対しても個別輸出許可過程が必要となる。

次の

政府「韓国のキャッチオール、日本より厳しい…日本は局長級協議に応じるべき」|韓国経済.com

キャッチ オール 規制 韓国

グループ化表記に変更(2019年8月2日) 2019年8月2日、ホワイト国から韓国を削除する閣議決定。 また、台湾はキャッチオール規制のホワイト国ではないため、リスト規制をクリアしても「用途要件 輸出や提供された物や技術が軍事転用される恐れがあるか 」と「需要者要件 最終的な使用者が破壊兵器の開発を行っていないか 」についてを審査し、中古機械の許可が必要かどうかを確認する必要があります。 安全保障の輸出管理制度のおさらい まず、安全保障の輸出管理について基本的なことを押さえておきたい。 経済産業省から、許可を取るように言われているか? キャッチオール規制の対象になるかのポイント 何を確認するのか? 関係すること 用途による要件 輸出先の購入目的はなにか? 大量破壊兵器や武器の開発につながる恐れはない? 販売先(最終ユーザー)による要件 どこの国の誰に輸出するのか? と外国ユーザーリスト インフォーム要件 経済産業省より許可をとるように通知を受けているのか? まとめ 輸出貿易管理令の別表1には、リスト規制とキャッチオール規制があります。 該当していない場合は、通常の輸出プロセスに沿って輸出を行えますが、日本国からの輸出通関の際に、リスト規制に該当していないことを証明できる書類 該当非判定書 を用意する必要があります。

次の

日本がケチをつけた「キャッチオール規制」 韓国がより厳格に運用│韓国経済│wowKora(ワウコリア)

キャッチ オール 規制 韓国

この場合、E~Zの部分の貨物について考えると、次のように解釈ができます。 輸出予定の中古機械について、内の「貿易管理令別表」を確認し、リストに該当するか否かを判断する必要があります。 この輸出対象地域については次の点に注意が必要です。 これらのことを考えると、輸出の大部分を日本に頼っていた韓国としては、「ホワイト国」除外による影響は相当なものだと予想できます。 キャッチオール規制にかかわる違反事件の情報開示も重要である。 様々な輸出管理の課題の中でも、とりわけ大量破壊兵器(WMD)の拡散阻止は中心的課題であり、国際社会にとって最重要課題の一つである。

次の

補足解説3:誤解だらけの「韓国に対する輸出規制発動」:日経ビジネス電子版

キャッチ オール 規制 韓国

韓国はなぜか、日本の北朝鮮制裁をめぐる不適切事案を強調し始め、問題・論点のすり替えが生じつつあることは、以前の投稿で指摘した。 そこでは厳正に個別審査を行うことが原則だ。 ちなみに欧州連合(EU)は最上位の信頼できる相手国として8カ国を指定している。 リスト規制・キャッチオール規制の対象品目 では、リスト規制の対象品目を見ていきます。 これらは、核関連物資として規制されている貨物の不正輸出にかかわる事案であり、中には取引額が8000万円以上と高額な取引も相当数ある。

次の

日本が「ホワイト国」から韓国除けば「輸出規制津波」も

キャッチ オール 規制 韓国

アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、大韓民国、ルクセンブルク、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、アメリカ合衆国 大量破壊兵器・通常兵器の開発、製造、使用又は貯蔵に転用される恐れがあると知った輸出品・提供技術については、日本は経済産業大臣の許可が必要な輸出規制の対象となっている。 2019年7月26日閲覧。 さらに、注意したいことは、この役務の提供には、日本へ連れてくる「技術研修」なども含まれることです。 1980年代から西側先進国を中心に、軍事転用可能な物資が危険国に流出しないよう、輸出管理を行うことが国際的に合意されている。 これを外そうという動きが起きている。 日本国から海外に輸出を行う際、「リスト規制」または「キャッチオール規制」に該当する場合は、安全保障上の理由により、外国為替及び外国貿易法に基づく経済産業大臣の許可を得てから輸出を行う必要があります。

次の