スティーズ ct。 【インプレ】小型リール スティーズCT SV TWのおすすめの使い方は?

スティーズ CT SV TW!2019年3月発売!軽量ルアーはコレで決まり?

スティーズ ct

飛距離 飛距離に関しても よく飛び、申し分なく満足です! 釣りをしていて狙ったのがかなり遠い対岸の杭。 巻き心地もかなり良いです。 ただ現状ではラインもフロロ12lbしか巻いておらず、14lb,16lbに上げたり、10lbに下げたりと多様な釣りをしてみて再度インプレできればと思っています。 よりバーサタイルに、フォネスから巻きモノまで、多彩なアプローチが1台で可能になりました。 ベアリング数などにこだわりがある方には、の方がいいです。

次の

スティーズCT用のKTFフィネススプールを試してみた結果

スティーズ ct

8gのシンカー。 そこで、ちょっと僕なりにスティーズCT SV TWの特徴を考えながら、その使い道を提案してみたいと思います。 PEラインはほぼ伸びがありません。 スプールが軽くなれば立ち上がりも良くなるので軽量ルアーも投げやすくなり、慣性力が小さくなるのでブレーキ力も最小限で済むようになります。 同じことをメタニウムでやろうとするとラインが浮きます。 疑似ベイトフィネスと言うことですが、「ライト方向に振ったバーサタイル」と言うことですので、 ルアーウエイトとして、5~7グラム程度を想定してお話させていただきますね。

次の

STEEZ

スティーズ ct

総重量3g程度のスモラバなんかも余裕で投げられる感じです。 1ヒロだと、どうしてもPE 本線にストラクチャーが触れてしまいます。 とは言え、伸縮性が極端にないPEラインのショックを吸収するという役割もありますので、 最低1ヒロ以上は確保しておいた方がいいです。 34mmのスプールは色々出てますから。 僕としてはバスフィッシングではPEラインはあまり使いませんが、最も活かせる使い方としてはヘビキャロとかでしょうか。 風が強い場合等はSVスプールで対応• 4〜10gぐらいのルアーの近距離投げは抜群の一言。

次の

スティーズ CT SV TW!2019年3月発売!軽量ルアーはコレで決まり?

スティーズ ct

超軽量リグでも立ち上がりに優れ、瞬時にトップスピードへと到達。 【巻き心地】 4点 巻き心地は良いものの、実用的な巻き心地? MLクラスのロッドにフロロ10lbを巻いて使用したインプレ 2017年1月20日追記です。 ですからリーダーを12lbとした場合、PEラインは1号、約18lbくらいが妥当。 ギア比は6. ベイトフィネスクラスのルアーを快適に扱えるという軽快さを備えながらも、太いラインを使ってカバーの中にぶち込めるタフさも兼ね備えているという。 ちなみに、ネイルシンカーはいれていません。

次の

スティーズCT SV TWが「SV」っぽくない理由【インプレ】

スティーズ ct

値段、価格について さすがにスティーズシリーズだけあって、値段はかなり高めの設定です。 飛距離アップ、バックラッシュ軽減を実現してくれています。 とにかく自分で使用してみないことにはなにも分からないので。 Mよりもライト寄りの釣りが合う人にとってはやっぱり最高のリールだと思います。 そもそもゼロアジャスターとは? ダイワのスティーズSV TWやスティーズA TW、18リョウガに採用されている 「ゼロアジャスター」と呼ばれる部分。 それで何か物足りないものがあるのなら、SVスプールを購入して自分にあったようにチューニングしたらいいと思います。 ちなみに私の使用しているモデルは下記の スティーズ SV TW 1016SV-SH (ギア比7. ファーストインプレッションでは、 Mクラスのロッドにフロロ12lbと、よりバーサタイルな感じで使っていましたが、 MLクラスのロッドにフロロ10lbを巻いてベイトフィネス寄りな使い方もしてみましたのでインプレします。

次の

タックルインプレッション

スティーズ ct

軽量ルアーと言っても、巻き物系なのかノーシンカーの様なラインにほとんどテンションが掛から無いルアーなのかで使い勝手は変わってきますが、「通常より糸クセは強くなる」と言う事だけは念頭に入れておく必要があります。 フィネスメインでも使えるしオールマイティーに使えるいいリールなのは間違いないと思います。 硬めなバスロッドだとフックアップにも気を使うし、ドラグフルロックのゴリ巻きスタイルだと、サカナへのダメージも想像以上にあります。 ですが基本的にPEラインは、「何かに触れたら終わり」くらいに思っていた方がいいです。 それは、僕が使い続けているです。 また、オカッパリ専門の僕はライト〜ミディアムメインなのでスティーズがはまっております。 ただ、SVTWより縦には長いので、ボディ全面へ指を回して握りこむタイプの人には向かない可能性も。

次の